Blog

「LD」学習障害について

「LD」は、発達障害の特性の一つであると言われております。 「LD」 は「学習障害」とも呼ばれ、基本的に読む・書く・話す・書く・計算する・推論するなどといったような六つの、脳の認知機能に何かしらの問題が生じられていると言われているようです。「 LD」の特性を持った人々が聞く・話す・読む・書く・計算する・推論するなどの学習障害とともに「 ADHD 」「ASD」 など、その他の発達障害と併存しているケースも見られているようです。たとえば「話す」ことの障害を持っている人々は、学校生活の中で学生らが輪になって日常会話を繰り広げていても、会話の内容が理解できなかったり、長時間の会話を苦手としたりする様子がみられるようです。論理的な会話や物事を文章化して相手に伝えることが苦手であったりするようです。「読む」ことの障害を持っている人々は、目の前に文章が書かれた用紙を手にしていても、文字を読むことが出来なかったり、発音をすることができない、また間違った発音をしてしまったり、小さな「っ」や小さな「ゅ」などを発音することが難しかったりもするようです。