Blog

職場の環境改善と「発達障害の特性」を考える

「発達障害」の特性を持つ人々が職場などでの処理能力や作業能力に問題があるなどと、誤認識されていらっしゃる方々も少なくないようです。「発達障害」とは脳機能障害などと言われ、脳の一部の機能の働きがアンバランスなことにより生まれる「特性」でありますので、場合によっては、職場などで周囲の人々との比較のなかで、飛び抜けて仕事が出来るといった人々もいるようです。発達障害の「特性」によって仕事の処理能力や作業能力が劣るというわけではなく、逆に誰よりも仕事が出来過ぎてしまわれる方々もいらっしゃるようです。そのような特性を持つ人々の多くが適度に物事を行うということが、苦手であるようで 「All or nothing 」のように仕事中は100%自分自身の能力をに使い果たしてしまわれる方も多いようなのです。そういった方々の傾向としては、仕事中に頑張りすぎて周囲が見えなくなってしまい、仕事に没頭しすぎることから、過労なのである日突然倒れてしまったり、ウィークデーは職場で100%以上の力を出し切ってしまうため、週末はベッドから起き上がれないなどといったアンバランスな生活が本人たちのメンタルと身体をむしばんでいることもあるようです。「特性」を持つ多くの人々が、周囲の環境に自分からが同調したり、調整すると言ったことが困難であるようですので、本人が1番気持ちよく仕事ができる程度に職場などの環境改善を行う取り組みが注目を集めているようです。