Blog

発達障害を持つ子供たちの感覚

発達障害を持つ子どもたちの中には、新しいことにチャレンジをしたり、新しい環境に入り込んでいくということが、とても苦手な子供達がいるようです。このような子供達に、無理矢理に体験や経験をさせようとすると、大きな声を出して泣き叫んでしまったり、そのような事柄を二度と関わりたくないというような形で、心を閉ざしてしまうような子供たちもいるようです。周囲の大人たちからしてみれば、どんなことに、拒否を示しているのかが、分かりづらいことも発達障害を持つ子供たちの内面では、聴覚や視覚などの感覚的な部分が、とても敏感なことから周囲の人々にとっては、全く気付かないようなことに、反応を示していることもあるようです。発達障害を持つ子供たちが、何かに拒否反応を示して、泣き叫ぶようなことがありましたら、一体どんなことに、そのような反応を示しているのか、といったことに気づいてあげることが大切です。そのような気付きや理解を、周囲の大人たちが、示す事で彼らは、居場所をみつけ安心感を得ることにもつながるのです。