Blog

理解すること

発達障害を持つ子どもたちの特性として、話し言葉を理解しづらい、といったような特徴も見られるようです。一見、周囲の大人たちからしてみれば、話をよく聞いて、理解しているように見えるのですが、実際には、彼らの内面的には、何を話しているのか、何のために話しているのか、といったような話の筋がきちんと理解できていないケースが多いようです。そのため、話の内容の一部分だけを汲み取って、行動に起こしてしまうことから、誤った行動や、少し周囲とズレてしまう問題行動を起こしてしまうというようなことが起こっているようです。このような子供達に、サポートを行う場合、話し言葉ではなく、図やイラストなどに変換するような伝達方法に変えることによって、言葉の理解を深めることができることもあるようです。発達障害を持つ一部の子どもたちの中には。聴覚からの言語伝達が苦手であり、口頭による周囲の人々からの支持やサポートが伝わりにくいというようなことがあるようです。そのような場合は。話し言葉ではなく文字にしてみたらり、イラストなどにすることによって。本人たちの理解を促すことができるというようなことが、近年の研究などの取り組みから分かってきたようです 。