Blog

発達障害と「出来ない」レッテル

発達障害を持つ子供たちの中には、「学習困難」のある子どもや、落ち着きのない子、こだわりの行動を見せる子など、様々な「特性」が見られます。そのような「特性」を周囲から指摘されたり、注意されることで、「出来ない」自分自身を責めてしまったり、不登校になってしまったり、引きこもりになってしまった、というような問題を抱えている子供たちもいるようです。その多くの子供たちは、集団生活の中で、多くの人々に指摘を受けたり、注意されることで、無力感に見舞われてしまったり、自己否定を繰り返すことで、社会的な生活を避けてしまうな傾向もみられているようです。トラウマを抱えることから。「2次障害」などとも呼ばれる腹痛脱毛頭、痛吐き気不眠 うつなど様々な症状を 抱え込んでしまうこともあるようです。